GoProをレンタルして壊れたら?

高性能なカメラを使って撮影したいと考えるときがありますが、多機能なカメラは取得費用が高いので、レンタルで済ませるという方法があります。レンタルしたい期間だけ使えますし、撮影した写真はデータとして取得することができるので便利だといえます。ただ使用しているときに、壊してしまったらと心配になることがあります。レンタルサービスを提供している会社の契約にもよりますが、使用する前から電源がつかなかったり、一般的な使用方法を行っているのに電源がつかないといった状況になったときは弁償する必要はありません。すぐに使用できなくなったときに連絡をすれば、代わりのGoProを用意してくれるので、レンタル期間はそのままで使用することができます。また使用しているときに故意ではないものの、落としてしまったりして壊してしまうことがあります。そんな時は契約にもよりますが、周囲できる範囲での故障であれば、修理費用が求められます。ただその修理費用はそれほど高くありませんから、過度に心配する必要はありません。しかし修理をすることができないくらい、完全に壊れてしまった時は弁償をする必要があります。レンタルしたカメラの商品販売金額そのものを請求されることになりますが、その時にはクレジットカードの付帯保険を利用するという方法があります。多くの人がクレジットカードを利用していますが、実は利用するだけで様々な保険に加入できるという特典があるので確認しておくことをおすすめします。特に旅行先でGoProをレンタルする頻度は高まりますから、クレジットカードに付随されている保険に加入をしておけば、壊してしまったときも保険会社が支払ってくれるので、実質的には弁償をしなくて良いので安心です。クレジットカードの付帯保険は、利用したいときだけ加入することができますし、加入するための費用も驚くほど安い掛け捨てになっているところが多いので、安心感を得るためにも加入することをおすすめします。