• カテゴリー別アーカイブ GoProレンタルにおける事前情報
  • goproのレンタルを空港受取するならモノカリ一択!

    スマートフォンに搭載されているカメラ機能は年々高精細になっているものの、特別なイベントやかけがえのない思い出作りのために出かける旅行時により良いカメラを用いて余す所なく記録したいという場合には、アクションカメラのGoProが最適です。
    そのようなGoProを使用したい時に重宝するのがGoProのレンタルを行っているサービスを利用する事であり、レンタルサービスを利用すると1日あたり1000円台からお借りする事ができるため、使用時のみGoProを手配したいというユーザーの使い方に合致します。
    こうしたGoProを提供しているサービスの中で人気が高いのがモノカリであり、高い性能を有している最新モデルが相場よりも20%を超える割引率なので負担が小さな様子で借りられます。
    しかも、ウェブサイト上から手続きを行いレンタルをしたGoProは羽田空港や関西国際空港、成田空港などの主要空港はもちろん全国各地に点在している空港で受け取る事が可能です。
    そのため、出発前にGoProを受け取るべく予め店頭などに立ち寄る必要が無く、直接的に旅の玄関口である空港に行けば既にウェブサイトから予約したGoProが届いているので、スムーズに航空機の搭乗できます。
    また、羽田空港や成田空港はもとより関西国際空港などの離れた土地にある空港においても全国送料無料で利用可能ですし、関東圏に在住している方は前日の14時までに予約を完了させると翌日に届けられるといった迅速さです。
    このようにレンタルが快適に行える事に加えて返却もスムーズに済ませられるのが人気の所以でもあり、レンタルするとGoProと共に返却時に使用するレターパックが同梱されているので、返却する際にはレターパックにGoProを入れて最寄りの郵便局から返送するのみです。
    返送の期限はレンタルをしている期間における最終日の24時までなので、旅を終えてからも余裕を持ってゆっくりと返送の作業が済ませられます。


  • GoProのレンタルに保証はついてる?

    旅行先などで様々な物品をレンタルで利用したいと言うケースは少なくありません。最近ではレンタルで利用する物品には様々な保証がついていることが多いものです。不注意で破損してしまった場合にこれを補うための保証料がレンタル料金の中に含まれていることが多く、合わせてこれを支払うことで安心して利用できるものとなっているのです。
    しかし海外などでGoProをレンタルで利用する場合にはその保証内容に十分に注意をすることが必要です。GoProは基本的には長時間水の中に入れて使用する事は想定していないことが多く、水に濡れた状態で放置をすると故障してしまうこともありますが、これに関する保証は基本ついていないことが多いのです。この際の修理費は非常に高額なものとなるため、これをレンタル料金の中に含んでしまうと、非常に高額なレンタル料金となり実際に利用する人がいなくなってしまうと言うのがその理由です。
    海水浴などでカメラを利用したいと言うケースも少なくありません。この場合には水に濡れても大丈夫なGoProをレンタルして使いたいものです。しかし、万が一水に濡れてしまったために故障をしてしまうと、場合によってはカメラを弁償しなければならないと言う事態になることも多いので気をつけなければなりません。
    GoProに限らず、レンタル品などを破損してしまった場合には、クレジットカードの付帯保険を利用することが非常に便利な方法です。クレジットカードの付帯保険は、クレジットカードを利用して購入した物品や、レンタルした物品などを破損した場合にその責任を一定の範囲でクレジットカード会社が負担してくれるサービスとなっており、近年では多くのクレジットカードに設けられているものです。海外では特に、保証内容が明確でないサービスも多いので、万が一のためにこれらを利用する場合にはクレジットカードを積極的に利用し、付帯保険を効果的に利用することが1つのポイントとなっています。


  • GoProをレンタルして壊れたら?

    高性能なカメラを使って撮影したいと考えるときがありますが、多機能なカメラは取得費用が高いので、レンタルで済ませるという方法があります。レンタルしたい期間だけ使えますし、撮影した写真はデータとして取得することができるので便利だといえます。ただ使用しているときに、壊してしまったらと心配になることがあります。レンタルサービスを提供している会社の契約にもよりますが、使用する前から電源がつかなかったり、一般的な使用方法を行っているのに電源がつかないといった状況になったときは弁償する必要はありません。すぐに使用できなくなったときに連絡をすれば、代わりのGoProを用意してくれるので、レンタル期間はそのままで使用することができます。また使用しているときに故意ではないものの、落としてしまったりして壊してしまうことがあります。そんな時は契約にもよりますが、周囲できる範囲での故障であれば、修理費用が求められます。ただその修理費用はそれほど高くありませんから、過度に心配する必要はありません。しかし修理をすることができないくらい、完全に壊れてしまった時は弁償をする必要があります。レンタルしたカメラの商品販売金額そのものを請求されることになりますが、その時にはクレジットカードの付帯保険を利用するという方法があります。多くの人がクレジットカードを利用していますが、実は利用するだけで様々な保険に加入できるという特典があるので確認しておくことをおすすめします。特に旅行先でGoProをレンタルする頻度は高まりますから、クレジットカードに付随されている保険に加入をしておけば、壊してしまったときも保険会社が支払ってくれるので、実質的には弁償をしなくて良いので安心です。クレジットカードの付帯保険は、利用したいときだけ加入することができますし、加入するための費用も驚くほど安い掛け捨てになっているところが多いので、安心感を得るためにも加入することをおすすめします。